フォト

about

  • 次の大会参戦予定
    2/3 ソラリス即答杯・芸能四択枠 :  他は都合次第です。
  • リンクフリーでございます。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月 5日 (木)

北へ。~ソラリス越境遠征~

どうも、はじめましての方ははじめまして、そうでない方はこんにちは。実は埼玉所属になったのは初めてです、きむわいぱーです。

本題の前に、ひとつ。

スタンスというのは大事だと思うんですよ。ゴルフの打ちっぱなしに付いて行って、自分も練習したことがあるんですが、スイングがどうのこうのの前に、構えとスタンスの時点でズレていたらお話にならないんです。上手く打てたと思ったのに大きく逸れて、その時言われたのが

「どっち向いて打ってる?」

ということでした。曰く、人間の体には順応性があるから、打とうと思っている方向へクラブを振ってしまうらしく、自分はそもそも打たなければいけない方向を見てなかったようなんですね。もちろんそれが全てではないんですが、クラブを動かす前から、結果はある程度決まっているんです。

とまあ初心者丸出しなことは置いておいて、QMAにおいてもスタンスというのは重要なことだと思うわけです。自分はQMAに何を求め、何を目指していくのか、どこまで目指していくのか。

「自分の目はどこに向けられているのか。」

そういうことを考えながらこの記事を書いています。

さて、日曜のお昼ぐらいに新越谷に着きました。ソラリスに行くのは初めてで、駅に着いてから少し迷ってしまいましたが(苦笑

着いて目に飛び込んできた光景は、4台の筐体とそれに繋がれたTVモニター。4台のプレイ内容が一度に見られるわけです。早くもウォーミングアップ・観戦の人が集まっていました。

まあ、せっかくだからこういうのもいいかな、と1クレ。予習選択で、どうしようかと思いながら

アニ線×2

敢えて学問は回しません。予選2回戦でノン線をゲット。やたーヽ(´ー`)ノ

と思っていたらなんとそこで出た雑線を落とすとか!

優勝できましたが複雑ですね…。

昼食を食べて戻ってきての1クレでは盥貰っちゃいましたし…。

そんなこんなで1時を回ると人も増えてきて、あっという間に満員。自分の番号は18番でしたが、104人にまで膨れ上がります。知り合いの方もいらっしゃって、とりあえず色々とご挨拶を。遊びに来ていたえいかむさんに「参加しましょうよー」と言って引きずり込みましたw

この人数ゆえ時間は多少掛かりましたが混乱なくスムーズに受付が進行したのは、流石に本場だなと感じました。沢山の有志の方が居てこその大会運営ですね。某店にも見習って欲しいというか、まあこれを見たら某店の大会にはもう行かない気もします。

しかしそれにしてもZ組まであるとは…。という感じでくじを引くとなんと

X-4

×?失格ですか?

いやいやいや、後ろから3つ目ってどういうことですか!!

まあ引いたものは仕方ないので、こちらもびっくりZ組を引いたえいかむさんと客席(?)の前方に陣取ってひたすら観戦しました。流石に途中からしんどくなって外の空気を吸いに行ったりしましたが。

ぱっと見たところの感想を述べると

・並とキューブはこれだけ集まると思った以上に厳しそうです。(ちゃんと答えてくる人の割合が普段と違うという意味でも)

・四文字がグロいの一言。学文字はまったくと言っていいほど手付かずだったとはいえ、得意ジャンルとは思えないほど分からない問題が多かったです。

・多答はセットにもよりますが意外と答えられてました。昔、少しやろうとしていた(草創期の記事参照)のと、先週に少しばかり対策した効果が表れたのかも。順当ては…(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

・学タイも、自分が答えを導く前に答えが出てきた分で、思い出せるかどうか微妙なものがいくつかあったり。しょうがないとはいえ劣化してますね。学線は初見が2問ほどあってやや不安。芸線だと思ってたのが出題されてて焦りました。とはいえもう調べてる余裕もなく。

で、待ちに待って(文字通りの意味で)、X組の試合です。

お相手は、TRONさん、テムジンさん、ゆーなキッドさん。

きっちり出題順まで誘導しているのも、自分が今まで出た大会とは違いますね。自分は4ですから最後の出題。ある意味終わってる可能性も、余裕がある可能性もあるので微妙なところです。

今回は1位抜け、惜敗率上位10名ということで、X組ともなるとトップから10点差ついたら終了の模様です。もちろん、TRONさんがいらっしゃるのに余裕をかましている場合ではなく、学線をダブルクリックで選びました。

1セット目 四択(TRONさん)

流石に切り札を切ってこられました(キューブも強い方ですが)。以前店対をしたときに刺さりまくったので苦手意識のある形式ですが、ここはタイピングと線結びの知識を総動員で防御します。悩んだのは最後の「ルーン文字」でしたが、分からないので一番全うなものを選んで正解でした。1ミスが目安でしたが、首尾よく全答。

2セット目 ランダム3(テムジンさん)

まあなんとかなりそうな。と思ってたらいきなり不正解をかまします。その後は防御して1ミスでしたが、折角1ターン目の四択を耐えているのに勿体ない。この時点で全答のTRONさんに1問差。1問ビハインドは抜けられませんよ!(き;´Д`)

3セット目 ○×(ゆーなキッドさん)

は( ゚Д゚)い?

オワタと思いつつも2問差に開く→1問差に詰めるを2度繰り返して終了。正直助かりました。

4セット目 線結び(きむ)

引きとしては悪くなく、きっちり全答しました

が、ここは学問大会。今一度自分に問いかけてみます。何故多色化するの?

「相手の弱点を突くため」

紫宝相手に学線が刺さるわけないだろ

とはいえ、リードされているTRONさんになんとか1問刺すことができました。20%前後でも確実に返ってきたので厳しかったのですが。

線結びという「形式」の使い手として臨んだつもりでしたが、ジャンル杯の前ではそんなもの何にもなりませんでした。まあ、当たり前のことですが。しかし、この「スタンス」は保持していきたいな、と思いました。これは後述します。

で、結果は…4点差の2着。刺しはしましたが、自分自身が高速で結べないためにタイムを詰められず、即答で悩んだ分を取り返せませんでした。学線のスピードは今後上げていかないといけないですね。

なんとか惜敗率で2回戦に残れましたが、一気にメンバーが煮詰まって厳しくなったうえ、頼みの綱も使い果たしてしまったわけです。まあ、線結びを使って1回戦突破が目標だったわけですからこれでまず達成なわけですけどね。

2回戦の抽選は、既に1位抜けした人は終えていて、惜敗率組で残りを抽選。引いたのはF-2、1回戦みたく特に番号自体にネタはありませんが、周りにいた方に(誰だったか思い出せません、すみません…)

「(相手が)セレネさんとさししろナナさんだよ」

えええええええ(き;´Д`)ええええええええっ

賢王セレネさんとはトナメで何度か当たったことと、ちょうどウォーミングアップで隣にいらっしゃったのもあり、大会前にご挨拶したのですが、武器を4枚ほど用意してるとのこと。1回戦で宝刀の多答を使われたとはいえ、こちらとは地力が違うのは目に見えてるので…。さししろナナさんは紫宝3人に囲まれた1回戦をあっさり1位通過してますし…。早くも武器を捨てた自分に何ができるのでしょう。

で、残りの1枠は惜敗率上位の方からなんですが、組み合わせ表を確認しに行って

らべりーにょさんでした

お疲れヽ(´ー`)ノサマー

らべりーにょさんとは、ウェア川崎で店対をさせていただいたことがあるんですが、これが称号持ちの方なのかというのをまざまざと見せ付けられていたので…。

というか、らべりーにょさんが惜敗率=2着だったってどれだけメンバー濃いのよここは

称号持ちに囲まれ、投げるものがない。ここまで勝ち目のない戦いもないなと。

なんというか、これはこれでマゾくて楽しいだろうなと考え始めてる自分がそこにいました。

さあ楽しい2回戦の開幕です

1セット目 ランダム4(らべりーにょさん)

正解率は高くないのに苦手意識のない不思議なジャンル。要するに好きなだけなんですけどね。初っ端の即答をミスって早くも先行き不安

…?

先行きなんか最初っから暗いかヽ(´ー`)ノ

しかしここはそこまで致命的な事態にはならず。

2セット目

きむのターンですが、選択したのはタイピングでした。

一番マシなラン1を投げるか、セレネさんファイト!で多答を投げるか、波乱目指して順当てを投げるか等あったのですが。基本勝てないと踏んだら多答を投げるつもりだったんです。ただセレネさんと一緒になるとは思ってもみなかったので。こんな時のために即答でも☆を上げておけばよかったと思いました。

で、ここで1問目を単独不正解。これがいけなかったですね。普段ならまずまず刺さる引きでも称号保持者の方にミスが出ようはずもなくお2人とも全答で終了。

3セット目 ランダム2(セレネさん)

この時点で2問のビハインドという事態が惨劇を招いたというか、分からない即答系を全て捻って不正解。ある意味覚悟してやったことなので仕方ないんですが、ここでグダグダになってしまいました。

4セット目 エフェクト(さししろナナさん)

ここでトドメ。漢字読めません。予習してません。

いきなり単独2つかましてもう泣きそうになりながら残り4つ答えてました。

当然結果は惨敗の4着でした。

勝てない試合とはいえ、もう少し抵抗できなかったものかと悔やまれました。結論として、防御力ですよ。いつも言ってることですが。

ここで勝たれたセレネさんが驀進し、決勝を全答で優勝。素晴らしいの一言です。

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-

で、終了後まで残ってました。理由は「もしあれがあったら」です。

そしてエキシビジョンが始まりました。1発目が学タイだったのですが、そのときに進行をされていたみりすさんから

「あとで学タイもう1組やるんですけど、どうですか」

と言われたので驚きました。2回戦手前でもあったのですが、自分→学タイっていうのは全然認識されてないと思ってました。というか、投げてあっさり落としてるわけで、学タイはもう…。

まあそんな状況でしたので

「えーと、学線なら出ますが、学タイはパスします…」

線結び縛りがあれば、志願してでも出たいと思ってたので、残ってたんです。勝ち負けは別として(いや、勝ちたいですが)、そんな機会は、今後そうは多くないと思うので。とにかく、自分のアイデンティティを線結びに置いて頑張ろうと決めて、それで来たわけですから。この形式はこの記事の半分を使うぐらいに重きを置きたいのです(笑)

使い手さんが少ないのは分かってたのでどうしたものかと思いましたが、後でもう1人希望されて、呼びかけたところ4人きっちり集まり、実現しました。ああ、来てよかった…ヽ(´ー`)ノというか進行のみりすさんに感謝です。

まあ、こうして開催となったわけなので、頑張らねば。しかも一番最初に志願してるわけで…。

お相手はXANAXさん、アガサさん、LARGOさん

公の場で初めての線結びなんで、かなり緊張しました。しかもエースの雑学じゃなくて2番手の学問というのが…。もちろん雑学は雑学なりに別の緊張があるわけですが(苦笑)

まず1セット目、正直、本戦よりも緊張していて、最初はとにかく1本結ぶごとに見返すぐらいで、一番遅い回答も上等という感じ。しかも、4問目に2本未見の問題を引き当ててしまい、単独不正解。その後はそれを引きずる形で疑心暗鬼から遅くなり、75点というロースコアを叩いてしまいます。

そして2セット目の1問目が屈指の難関のダム問。線の組み合わせに助けられ正解を導き出します。ここで全答が居なくなったのが大きく、気が楽になりました。緊張&ビハインドという2つが消え、自然に手も動くようになってきました。ここはダムや2本の初見(今度は正答できました)で多少時間を食って93点。しかし後半は少しずつエンジンがかかってきました。

3セット目はそれまでと変わって3本固定が増え始めます。線結びを使う人間としては、この3本固定をしっかり答えるのが大きなポイントだと思っているので、ここでエンジンをかけてスピードを上げました。間違いが許されない舞台ゆえ、青ゲージで入っていない問題もあったのですが、97点台で通過。

4セット目も同じく3本線の流れ。学問の3本線は決して緩い問題ばかりではなく、いい感じに難しい問題が来ました。前セットの勢いを殺さずに97点。

結果、合計362点か3点、ちゃんと覚えていませんが、1問差逃げ切れました。素直にほっとしました。というか使い手冥利に尽きます。

ただ、志願して出たのに1ミスし、多答の390点や順当ての380点に遠く及ばなかったのは無念でした。すべきことを尽くせなかったという感じです。もっと精進して、さらに高い点数を目指したいです。

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-

ソラリスでの自分の戦いはこれで以上です。自分にとってどっちがメインだったかは、よくわかりません。

自分の中で「使い手」という概念が上手く整理できなかったりします。その形式をひたすらに極め頂点を目指すのか、その形式を使ってQMA全体の中で道を開いていくのか。もちろんどちらかだけが正しいということは無いと思いますが。自分はどうも前者に傾きつつある気がします。

自分は決勝でもガチ店対でもルート選択でも線結びですし、なにより線結びが好きなので、たぶん「線使い」なのだと思います。しかし、それをどうプレイに反映させていくのかは、色々な方向が考えられる気がします。

まあ、グダグダ言う前にノン線の正解率上げろって話ですね。あと2色。頑張ってみます。

ただ、自分の「武器」とどう付き合っていくか、そういった「スタンス」というのを考えながらプレーしていけたらと、一廃人としては思うわけです。

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-

コメントレスです

>だっちゅーのさん

改めまして優勝おめでとうございます。

永世条件の問題は、条件側が5つしかないので、線の組み合わせはもう一段階しかグロく(条件が2つのものが1本のみ)ならないので、あの程度ですね。いずれにせよあそこまで打ち返されると白旗をあげざるを得ませんが^^;

ソラリスの大会ではお声を掛けられずすみませんでしたm(_ _)mまた大会で会いましたらよろしくお願いします。

>ほむらひろしさん

いやいやいや、学文字のほうが十分厳しいですよ。

それにソラリスでもほむらさんは上まで行かれてましたからね。

むしろ自分が「当たらなくて良かった」ですよ^^;

全国トナメでは自分が2落ちしたりと恥ずかしかったです^^;

とりあえずほむらさんには雑線と学線ではなく左側の線を投げることにしてますがw

>通りすがりさん

対策したいんですが、多答ではスポが一番手をつけにくい気がします。東京界隈でやる以上、避けて通れないのは分かってるんですけどね。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »