フォト

about

  • 次の大会参戦予定
    2/3 ソラリス即答杯・芸能四択枠 :  他は都合次第です。
  • リンクフリーでございます。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« マガツヒが足りませんでした。 | トップページ | プロジェクト西千葉 ~挑線者たち~ 前編 »

2007年9月 5日 (水)

線結び・キャンター→ギャロップ考察

どうも、はじめましての方ははじめまして、そうでない方はこんにちは。眠気が足りないので2本目の記事行っちゃいます、きむわいぱーです。

ソラリスの私の(残念な)結果をご覧になりたい方は1つ前の記事をどうぞw

で、ここではまだ抜けられる見込みのあった雑学ですら抜けられなかったダメ線使いが線結びについての考察をしますから聞き流してくださいね(笑

線結びってのは基本的に、多少殺傷力のある削り形式という認識でいいと思うのですが、もう少し突っ込んで言えば、削り能力の確かさがあると思います。連想に匹敵すると個人的には考えています。エフェクトやキューブが、覚えられていればさほどタイムを削れないのに対し、線結びは操作の面でも、厳しいタイム制限の面でもしっかりと点数を切り取れると言っていいでしょう。

が、ここに大きな問題が存在するわけでして、それが

投げた本人がタイムで削り取られている

という割と笑えない事実。折角の削り効果もこれでは半減します。

実際、自分も多色化の影でスピードという点についてはかなり疎かにしていたので、削り形式を持っているにもかかわらずよくタイム差で負けます。

雑学だけは一度スピードをつけようとしたことがあった(線神さまと初めてマッチした直後)のですが、他に関してはもう酷いもので…

とりあえず例を示そうということで学線縛りの結果を2つアップしてみたいと思います、はいこちら

070809_18440001

夏の遠征時に奈良のキャノンショットで組んでいただいた時のもの。

070903_01070001

こちらはソラリス雑学杯後にウェアハウス川崎で組んでいただいたもの。

まあ、こんなことしてるから某所でカンペとか書かれるんでしょうね。(もちろん違いますよ!)

どっちも全答なのにぃぃぃぃぃ!

要するに定着不足で悩んでいるから、という部分もありますが、まずは高得点を狙いに行く姿勢を考えなければいけないと思いますね。

満点はもうほとんど取れないといっていいだけに、エフェクト、タイピングと違った加点法の楽しさが線のスピード比べにはあると思います、それも線の魅力の1つなんじゃないでしょうか。

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-

で、雑線のスピード化を図るにつれ色々と思ったことを書きます。これは私が他の色を高速化する際の備忘録でもあります。

今までの線結びを例えるならばまさにキャンター。出来る限りタイピングに近い速さで入力する、そして動き出しを早くする。そのあたりが重要になると思います。

1.入力速度の上昇のために

・とりあえず画面の上半分は要らない:スポ線の一部問題以外で必要になった経験はないです。選択肢だけで問題を理解して結べるように普段でも目線は画面下部にロックオンでいいでしょう。

・3本線はきっちり覚えてなんとしても青ゲージで:とりあえず3本線の問題は8~9割以上の問題で青入力できるようにしておいたほうがいいですね。学問が特に…。

固定の場合

・結ぶ順番をあらかじめ決めておいて、その順番どおりに押していくのがベター。青ゲージを逃すことはありますが、こちらのほうが安定していると思いました。

差し替えの場合

・選択肢Aを見たらまず押して、相手を探します。:全ての選択肢を確認してから始めるとかなり遅くなります。仮に詰まった場合は悩まずにBCと降りていって分かったところで結び始め。止まるのだけは避けたいです。ぱっと見で全体から明らかに浮いている線があって見えたなら、そこを開始点にしてもOKです。

・探しつつ全体を見渡して2本目結べるところを探します。:というか、1本目を結ぶ頃には既に1本目の内容を忘れているぐらいが望ましいですが。

・3本目が確定したら思考を停止して4タイプを両手高速で入れます。:つまり4本目は線の内容すら見ない勢いで。

当然ミスは発生しやすくなります、ただミスした問題に関しては次回から少しばかりゆっくりするようにすればいいだけと。

2.予習において

実際にやったこととして

・まずキャンターで落ち着いて回す、このとき差し替えは左の上から順番に結んで、飛ばしてしまった選択肢と最後に残った選択肢はしっかり確認しながら入力する。これで、定着していない線をケア

・そのあとはひたすら手を動かす。大体雑線では98点を目安にしていましたが、ジャンルで変わってくる気がします。

3.問題のパターンによる難易度

見切りやすいもの

A.前の言葉と後ろの言葉を繋いで1つの言葉にする:これは使い手でなくても青入力出来たりしますからね。

B.短い言葉同士のもの、右側が国名、都道府県だとなおよい。:内容のグロさはともかく、文字列が短いほど読むのにかかる時間も減るわけで。

C.あまりの常識問:言うまでもないですが…。

見切りにくいもの

A.漢字多用の長文、長い単語:とにかく鬼門、右側が説明文なんて問題は更に困ります。

B.外国語人名:耐性のある人はいけるかもしれないですが、いくつか特徴的な字を拾う才能も必要かと。芸線は面白いのですが、これが壁。

C.左側が数字、年号:固定はさほどでもないんですが、差し替えだと右側の順当てから答える方式では大きく時間を取られます。新宿鮫が相変わらず時間掛かったり。

D.似たような言葉が並ぶ問題。:これは諦めるしか、変に見切ろうとすると逆に怪我しますし。タイピングの多重分岐みたいなもんだと思って。

4.各色ごとのスピード化の可能性

まあまがりなりにも5色集めておりますので…

【アニ線】

右側が人名というパターンが多いですので、左側のアニゲ的な言葉がすっと頭に入ってくる人なら問題なくスピード化出来るかと。見切りにくい問題のABCともにあまり多くありませんので。各作品別の突っ込んだ話に関してはいくらか練習か優秀な語呂合わせが必要になるでしょう。ただし、左右とも暗号にしか見えない私みたいな人には割と厳しいものがあります。

【スポ線】

年号問がやたらと多いので、そこが素で結んでいけるかどうかが鍵ですね。あと、名前の前と後ろ、チーム名の前と後ろなど見切りやすい問題が多いのも事実なので、そのあたりをしっかり3秒前後で入れられるかどうかも重要になってくるでしょう。3本線が少ない気がするので、全体的なタイムレースは厳しそう。その分きっちり入れれば削り効果は一番大きいと思いますが。 ちなみに私にはスポ線は難しすぎて挫折気味です。

【芸線】

個人的に今一番熱いですね、これ面白いです。易問率の高さは少しずつマシになってきているとは思いますが、まだまだノータイムで入れられるものが多いです。50%前後の、2本は当たり前、みたいな問題をしっかり入れられるようになればタイムも削れますし、あとは洋問の外国人名の嵐をなんとかするのみ。人名耐性のためにもラン2線を頑張りたいところ。

【雑線】

最速ジャンル。全般に選択肢の短いものが多く、グロ問の存在ばかりクローズアップされる一方で雑学らしく残念な問題も多いわけで。ただし何故かこの手の問題は相手にとっては時間がかかるので、慣れを生かして速攻で結びきってしまえばかなりのアドバンテージになります。390狙っていくならまずこれでしょ。とりあえずほとんど問題が潰れてないと出来ないのはどのジャンルでも同じですが。

【学線】

自分にとってこれは結局どこまで真面目にやるかに尽きますね…。アニゲとは逆に言葉に対する耐性はあるんですが…。ポイントは難易度の高い3本線、これを高確率で青入力すること。特に見切りにくい問題が多いとは思いませんが、出題バリエーションが豊富なので頭の回転が追いつくかどうか、そして見切りやすい、言葉を繋ぐ問題があまり多くない点がどうかといったところでしょうか。そのうちスピードトレもやってみたいですが。

【ノン線】

線結びそのもので集めているせいか、ジャンルが混ざって出題されてもあまり抵抗はなかったりします。でもこれで99点とかはムリゲー。

5.まとめ

いずれにせよしっかり問題数を揃えて固めておかないと(全ての選択肢を拾っておくという意味でも固めておかないといけません)スピード化は無理かなと思います。まず予習がある程度全答できるレベルにして、そこからがスタート。

要するに私自身スタートラインについているのは雑ぐらいしかないわけですね、あはは。でも、線が削り形式だというにはこれぐらいしないといけないかなと最近は思っています。

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-

ってなわけで雑魚ぴー鍍金線使いの戯言に付き合っていただき感謝感謝。

さっきも言いましたが線結びのスピードというのは加点法的な、そしてアスリートな部分があってとても面白いので、是非やってくれる人が増えたらなあと思います。あ、でもそうすると刺さらなくなっちゃうのかw

« マガツヒが足りませんでした。 | トップページ | プロジェクト西千葉 ~挑線者たち~ 前編 »

コメント

息子がお世話になっております。
コメントとしてはユリの不満そうな顔が印象的ですね。では失礼します(←

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215345/7810819

この記事へのトラックバック一覧です: 線結び・キャンター→ギャロップ考察:

« マガツヒが足りませんでした。 | トップページ | プロジェクト西千葉 ~挑線者たち~ 前編 »