フォト

about

  • 次の大会参戦予定
    2/3 ソラリス即答杯・芸能四択枠 :  他は都合次第です。
  • リンクフリーでございます。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プロジェクト西千葉 ~挑線者たち~ 前編 | トップページ | プロジェクト西千葉 ~挑線者たち~ 後編 »

2007年10月 2日 (火)

プロジェクト西千葉 ~挑線者たち~ 中編

どうも、はじめましての方ははじめまして、そうでない方はこんにちは。2つ目の今回は戦略総動員、きむわいぱーです。

三部構成の真ん中です。まだの方は前編からどうぞ。

<あらすじ>1回戦の第1試合をなんとか1位通過したきむわいぱーは、なんとクジで2回戦の最終試合を引いてしまう。食事と同じで時間が開くとだれてしまう雑魚線者の明日はどっちだ?

とにかく間が持たないのですが、軽く食事を取ったり、お知り合いの皆様の1回戦の悲喜こもごもを観戦したりつつ。そうこうしている間に勝ち抜けてクジを引いた人の名前がトーナメント表に書かれていきます。こういうのって先に発表してもいいんですかね?と思いつつ確認すると、またしても困ったことに…。何が起きたかは後ほど。

そして2回戦も進んで3回戦のメンバーも決まり始めます。私は最終戦なので3回戦に誰と当たりそうなのかも分かってしまいます。すると空きのある2つのうち1つにLARGOさん(通称:佐野の主席の方)の名前を見つけます。ソラリスの学線エキシでご一緒したこともあり、ここは先に学線使っておくべきかなと考えていました。

【2回戦】

ゆれるおもいさん、めるくるでぃさん、にらだまさん、きむわいぱー(着席、出題順)

こんなところで同業者の方と当たってしまうとは!

そう、実はこの段階で青:ゆれるおもいさん・めるくるでぃさん、赤:にらだまさん、緑:既に使用、黄:ゆれるおもいさん(武器)、と学問しか残っていない状態だったので、学問を使うのは作戦的にも最良だったのです。

そしてグラフを見てみると右側がぽっかり。これは!

2回戦は学問、君に決め(ry/死語)

第1セットはゆれるおもいさん、2回戦は雑線のつもりだったらしいのですが、かなり悩まれた末に…

アニメ&ゲーム一問(ry

ちょ!!!また???

完全に私涙目、最初たまたま覚えていた1問を取ったものの、今度は残り5つ豪快に空振り。ただ、全員多くても2問ほどしか取れていなかった感じなので、それだけは助かったと言っていいでしょう。

第2セットのめるくるでぃさんからはスポ連想。打って変わっての易問ラッシュ。皆さん速攻でランプがつくので私も慌ててついていく感じ。(確かに急いでいたら押すところではあったんですが、いつも基本的に待っちゃうのですよね)最後ボクシング問を落としてビハインド。

ここらへんからそろそろエンジンかけなきゃの第3セットはにらだまさん、スポが来るかなと思いましたが芸能ラン2。当日朝に映画関連の線結びはいやというほど復習したので、成果を見せたいところですが…。実はこのセットよく覚えていないのです。直後のセットのインパクトが強すぎて…。一緒に来ていたSALIONさんに聞いたところ○×でやらかしたそうです。(その日○×は投げられていないうえ、他に投げられたランダムを思い返すと全答だったので) いくら線を勉強しても○×と順番当てにだけは効き目がないんですよね(苦笑

で、ディープインパクトな最終セットはもちろん学問線結。多少のビハインドはありますがいつもの引きなら(6問あれば十分強いので)大丈夫。…と思ってたんですが。モンゴルの県とか徳川将軍の院号とかヤバイのを沢山復習したのにもかかわらず、3本線の存在をコロッと忘れていました。あれ?どっちだっけと思う間に1ミス。更に最終問でまたもや苦手の中国の省都問を引いて2ミス。

うわーん、自分で投げておいてヒドイよこれー(涙

しかも落とした問題を1人ずつ拾われたので、捲れなかった可能性が濃厚…。こんな幕引きないよ、私のバカ!雑魚!引退しろ!

なんかもう頭真っ白でぽかーんとしながら結果発表。3位で雷…と思っていたらなんと1点差ながら差し2着!!流石にこれはガッツポーズが出ました。何が起こったのかは分かりませんが、「首の皮一枚」「命拾い」という形容がこれほど相応しい試合は他にないかと。1着は40点ほど抜けてめるくるでぃさん、強いです。

さて、最終戦の2着ということで残りのクジは1枚しかなく、引いたところ3回戦も最終の第4戦、懸念していた通り佐野の主席の方と当たることに。このタイミングでの学問投入はやはり正解だったようです。

心の声「お前がが間違えたことを除いてはな!!」

反省してます…orz

【3回戦】

きむわいぱー、ふれんじぃさん、SALIONさん、LARGOさん(着席・出題順)

一緒に来ていたSALIONさんと当たることに。最後の抽選を終えた私が結果を伝えると「えー」という顔をされましたが気にしない(笑)。ここを抜ければベスト8。山場です。どうせ見たところで残った8名の方が強いのは分かっているので、目先の一戦に集中。松木さんが言うみたく90分ずっと集中してるのは無理ですが、先程の失態もありここはちょっと気を引き締めないとね。

さて、ここで考えることは既に佐野で主席を取ったLARGOさんが残ってくださると枠が1つ増えるということ。姑息ですがここ以降予選参戦を考えていない上、ルール的にも勝ち残れる見込みのない私的には権利取りが至上命題ですので。

あれ?ってことは学線残したほうが良かった?とも思いましたがSALIONさんに刺さらないからなあ…。どうしよう。

そしてグラフを見ます。おや?と思いつつも

3回戦はスポーツ、君に(ry/死ry)

思ったよりグラフは高くなかったのですが、スポーツを投げてLARGOさんの2着狙い。司会の方の話術でヒールにされちゃってましたが、要するに私もこっそりと一方的に片棒を担いでたわけですね。これも作戦です、作戦。

第1セットはいきなりそのスポ線、ソラリスの限定杯(スポ線縛り)でやった以外では大会では初めて投げましたが、前日のスポ大会に向け練習した甲斐あって精度はよく、縛りで1ミス(それも分かっている問題の掛け違え)レベルになっていたのでそれほど不安はありませんでした。そして首尾よく難しめの問題も引けたうえ98点という好内容。パーフェクトですね。

しかし早くも第2セットで暗雲、ふれんじぃさんの投げたのはノン順当。えええっ?と言っているうちに単独含めて3ミス。スポ線でリードはあるものの、炎上してたらあっという間にひっくり返されますって。にしても今大会で順当て耐性のなさが浮き彫りになったので、少しでも勉強したいと思います。

第3セットはSALIONさん。アシスト欲しいなあとか不埒なことを思ってたらなんとアニ文字!

ひどいゅ!(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

初っ端でミスしてもうグダグダかと思いましたが何とか持ち直してリードは残ったはず…。デジモンの問題でアグモン→同じ作品に出てたガブモンとやってしまったのは反省。線の知識を生かすなら、他の作品が出た時点でガブモンはむしろ外さないと。

さてさて、何問リードがあるのかよく分かっていない状態で最終4セット目に。LARGOさんは…

ってここでスポ多ですか?

私またしても涙目…と思いきやここで以外にも競馬問が連発する神展開に!もちろん他の問題では空振りも多かったのですが。結果的にLARGOさんに離されつつもしっかりと2番手はキープできました。

今回は結果発表も余裕を持って見られました。3位との差は50点。1位との差も50点(それは満足すべきことじゃないだろw)。前日のスポ大会含め2日連続でスポ線、スポ多(前日は某元帝の方)の爆撃を受けたSALIONさんには申し訳なかったですが^^;

というわけでリザーブ圏内の8人まで残ってしまいました。「しまいました」と書いてはみたものの元よりそれが目標なわけですからね。さて、組み合わせ抽選…って私また最終戦で2位、選択権ナシですかっ!

今度は第1試合の3番席。間が空くのを嫌う私的にはナイス引きです。残り物にはきっと福があるはず。

【準決勝】

しおさん、えいかむさん、きむわいぱー、LARGOさん(着席・出題順)

皆さん紅玉って…流石に準決勝、頭を抱えざるを得ないメンバーです。しかしこれ、フリーの大会なら頭抱えるどころの騒ぎじゃないですからね。スポ多2発って。幸いお2方とも既に使っています。次の決勝、順位決定戦では使った武器は全て復活します。ここは何としてでも浮かないと、次の試合で飛んでくるものは恐ろしいものばっかりなわけです

そして、この背水の状況のために、雑線が残っているんですよ。以前は空気引きが怖いのでここ一番では、とも思っていましたが、結局のところ精度とスピードの点において、戻ってくるところはここしかないんです。上手く残して勝ちあがれました。もはや惜しむ必要はありません。

解 き 放 て ! マ ジ カ ル 線 結 び !

第1セットはしおさん、来たのはスポエフェ。これはいいですね。一時期ボンバーマンを考えた時期に回しているので。石本貴昭を引いて他の2人にもリードを取ります。が、次でつまらない間違いをして帳消しに。今考えても森上→もりうえ、はないよなー、センスがない。ですが、1ミスならまずまずの結果で1コーナー通過。

第2セット、えいかむさんの投じたのはスポラン1。まあ自分以外全員紅玉なんだから仕方ないですよね。ここは連想などで時間を食わされつつもしっかり防御できました。スポの中でもマシなほうの野球でしたが珍しく全答。いい感じです。

そして第3セット、武器を温存し、相手の投げてきたものをしっかり止めました、ここまでは完璧に計画通りです。そしてここで雑学線結。

ここまでは、計画通りでした。

ここまでは。思惑が外れたことを知ったのは4問目を終えてから。…引きが悪すぎる!結局1問のグロ問を除いて、タイムすら削れない問題を引いてしまいました。かなり不安の残る1問分のリードしか取れず、LARGOさんにはグロ問を打ち返されておりほぼリードなしという結果に。空気引き…もちろん考えなければいけないことだとは思いましたが、実際に起きてみると絶句するしかないですね

ともあれ、最終セットの時点で浮いていることは間違いなく、しっかり防御すれば抜けられるところまでは来ました、そして最後にLARGOさんから飛んできたのは芸能文字。た、多分大丈夫だよ、うん。しかしそんな気持ちも1問目でいきなりミスし、しおさんとLARGOさんが正解したのをきっかけに崩壊分かる問題もゆっくりしか入力できず、さらに2ミス目。そして最後の問題が分からなかった瞬間に色々なものが崩れ去るのを実感しました。

結果発表。一抹の望みを託して見つめてはいたものの、2位と5点差の3位。ほとんど手中にしたと思っていた切符がスルッと手から抜けていきました。…愕然としか言いようのない気持ちでしたが、LARGOさんが通過されたことで、当初の目論見通り順位決定戦での通過枠は2に、いつまでも凹んでいるわけにはいきません。最後まで、貪欲に。

えいかむさん「次はスポ多投げます。」

やっぱ無理なんですけど(苦笑

若干ブラックアウト気味の意識とともに後編へ。

« プロジェクト西千葉 ~挑線者たち~ 前編 | トップページ | プロジェクト西千葉 ~挑線者たち~ 後編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215345/8201700

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト西千葉 ~挑線者たち~ 中編:

« プロジェクト西千葉 ~挑線者たち~ 前編 | トップページ | プロジェクト西千葉 ~挑線者たち~ 後編 »