フォト

about

  • 次の大会参戦予定
    2/3 ソラリス即答杯・芸能四択枠 :  他は都合次第です。
  • リンクフリーでございます。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 九匹の龍、6色の糸、その解即ち | トップページ | ドラゴンへの-道 »

2007年11月 7日 (水)

横に薙ぎ、縦に割られる己が宿命

どうも、はじめましての方ははじめまして、そうでない方はこんにちは。「ジャンルごとの全国大会とかあればいいのにね。」「ジャンルはいいですから形式ごとのが…」、きむわいぱーです。

遅くなっておりますがウェアハウス川崎の九龍杯のレポートも一つ前にありますよ。

さて、11月4日南越谷ソラリスでの芸能限定くろうさ杯に、恒例ながら線結びで参加してまいりましたお約束の線結びの人です。

過去3回の結果が

スポ:3位・箸にも棒にもかからない。

雑学:2位・1ミスが命取り。

アニ:1位・まさかの大金星。

というわけで今回は2冠目を目指してということになりますね。2冠って言ったところで予選なんですが。

今回も大宮でウォーミングアップのち越谷入り。凡ミスや初見1つあったものの仕上がりは順調といったところ。2セットあれば全答は出来るかなという手応えでした。南浦和で同じく大宮にいた方々と合流、こんなにいらっしゃったとは。自分は6問設定で勘をつかみたいのでモアイには行かないんですよね。

ソラリスには11時半前に着。とりあえず線結び枠に置きに形式受付へ。みりすさんに後ろから3番目と告げられます。うわーん(涙)ちなみに線結びはそのとき自分だけ。

12時に締め切られて、人数は99人と思ったより落ち着きました。今までが多すぎたので、芸能に選択肢がない人はいらっしゃらなかったのかもしれません。全てのジャンルに選択肢のある私乙みたいな。線結び枠は4人ぴったりで1戦のみ。やはり線の中では不人気だし、最近難化していて気軽に出られる形式でもなくなったのが大きいのかも。学問は学問自体は相当人が増えそうですが、学線はどれほどのもんなんでしょうか。某方に「出ません?」と声をお掛けしてみたんですが、いかに。

その後食事に出たり、同じく横一列の某方の応援をしたり復習したりで時間を潰しつつ線結び枠。結局オーラスの1つ前でした。オトメディウスがあれば効率的に時間潰せるんですけどねえ。

【予選・線結び枠決勝】

ぶどうさん、ドメストさん、デフィーさん

紫宝紫宝紅玉紅玉。「これ芸線ですよね」と突っ込まれる。偽装紫宝でサーセンw 私は中身は金剛ってことになるのかなあ?

勝負のこともありますが、自己記録を更新したいのでまずはミスをしないことを前提に。

初っ端の1問目がミスチルの曲名という超易問。これがまあ筐体を触っていないと頭の働きが鈍る自分らしいスロースタートで「えーと、歌と詩ってどっちだっけ?」、と。尾を引いたのか流れに乗り切れず、最後1問悩みこんで93点台というひどいスタートに。とりあえずぶどうさんに2~3点は負けているので、流石にこれはまずいです。

2セット目からはやや強引に飛ばしていく形に。海外のキャスト問など、いつもなら再確認が必要なところを省略してタイム短縮に勤めます。ミスすると終わりなのですが隣のぶどうさんが速く、止まることは許されない状況に。誤答状況では全答が2人となり完全に一騎打ちですが、このスピードで行けばどちらかがミスするまで猛ペースになりそうです。ここは97点台。

3セット目も決して楽な問題群ではありませんでしたが、98点台で通過。芸線は易問でタイムを削られることはないので、基本的に動きの遅い自分は難問をきっちり削られずにまとめて追いつくしかないです。この2セットぶどうさんがいくつか止まったことで勝負は分からなく。

4セット目も若干自分が勝ち気味でしたが、致命傷のロスもミスもなく、結果的に両者全答のまま並入。終始ビビりまくりだったので、終わった瞬間一気に緊張の糸が途切れました。試合中1サテ2サテはさながら閉鎖空間だったのですが。

結果は387.06点で1位、2点ちょっとの差でした。全答380オーバーでの決着に思わず隣のぶどうさんと握手。あと1問悩んでたり、ぶどうさんが即答するだけでひっくり返っていた差だけに、今までで一番アツい試合だった気がします。

そして特にインターバルもなく本戦へ。

【本戦1回戦】

きむわいぱー(線結び)、カムカムさん(キューブ)、うぉれんオツさん(ランダム2)、せっちゃんさん(四択)

組み合わせを見たときは案外いけるんじゃないかと思いました。勉強中の四択、どのジャンルでもそこそこは出来るキューブ、線結びの網に引っ掛かれば映画もOKということで。問題は線の出題が映画に偏らないことですが。

さて試合は初っ端の線結びから。いい具合にランダム1・3のグロ問をツモってカムカムさんに1問+タイム、他の2人に3問ほどつけます。が、ここから悲惨なことに。キューブは1ケタ問2つをどちらも取れず(片方は当日に見たはずなのに思い出せなかったし)、ランダム2は○×多答それぞれ2問と線結びが効かない問題のオンパレード。四択は普通に初見をミスして最後は分岐を知らずに飛び込んで終了。

結局2位に2問差つけられての3位と完敗でしたorz

やはり芸能大会なので、芸能が出来ない自分には…とはいいつつ決勝トーナメントに残っているのだからもう少し粘りたいものです。メインは予選ではないんですからね。

とはいいつつ次回も学問線結びで出ますよ。目標はまず予選突破ですが、本戦にいけたら今度は決勝まで是非残りたいですね。とはいえ、学問は総合力の高い人が多いので、中途半端に得意なだけの自分ではどこまでやれるのやら。

さて次の大会ですが、週末の有楽町モンタナor大宮ビッグアップルに行こうと思っています。

青禁止とか神ですか!?

« 九匹の龍、6色の糸、その解即ち | トップページ | ドラゴンへの-道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215345/8793958

この記事へのトラックバック一覧です: 横に薙ぎ、縦に割られる己が宿命:

« 九匹の龍、6色の糸、その解即ち | トップページ | ドラゴンへの-道 »